福祉用具貸与事業 | ユウコムは京都・滋賀の介護の学校(介護職員初任者研修・介護職員実務者研修・福祉用具専門相談員)

福祉用具貸与事業

福祉用具貸与とは、利用者(要介護者・要支援者)ができる限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、福祉用具の利用を介護保険で支援するサービスです。
指定を受けた事業者から、利用者の心身の状況、生活環境、利用者の要望等をふまえ、適切な福祉用具を介護保険を利用してレンタルできます。
心身の機能が低下し、日常生活を送るのに支障がある場合に、自宅で過ごしやすくするための福祉用具や機能訓練のための福祉用具を借りることができます。
提供される福祉用具は利用者の状態の変化に対応できるようレンタルが基本となっています。ただし、使い回しがふさわしくないもの(トイレなど)や使うことによって形が変わるもの(消耗品)は購入対象になっています。その内訳は以下の通りです。

サービスご利用にあたって

サービスご利用にあたって事前に介護保険ページをご確認ください。

福祉用具貸与

給付限度額の範囲で利用できます。指定事業者からのレンタルでないと対象になりません。

1 車いす(要介護2~5)

自走用標準型車いす・介助用標準車いす・普通型電動車いす等

2 車いす付属品(要介護2~5)

クッション・電動補助装置等であって、車いすと言った敵に使用されるもの

3 特殊寝台(要介護2~5)

サイドレールが取り付けてあるもの又は取り付け可能なものであって、背部のもしくは脚部の傾斜角度を調節する機能・床からの無段階に調節する機能を有するもの

4 特殊寝台付属品(要介護2~5)

マットレス、サイドレール等であって、特殊寝台と一体的に使用されるもの(マットレス・サイドレール・ベッド用手すり・テーブル・スライディングボード・スライディングマット・介助ベルト)

5 床ずれ防止用具(要介護2~5)

体圧を分散することにより、圧迫部位への圧力を減ずることを目的として作られたもの

6 体位変換器(要介護2~5)

仰臥位から側臥位または座位への体位変換を容易に行うことができるもの

7 手すり(要支援1~要介護5)

取り付けに際し工事を伴わないもの

8 スロープ(要支援1~要介護5)

段差解消のものであって、取付に際し工事を伴わないもの

9 歩行器(要支援1~要介護5)

歩行が困難な者の歩行機能補う機能を有し、移動時に体重を支える機能を有するもの

10 歩行補助杖
(要支援1~要介護5)

松葉杖・多点杖・ロフストランドクラッチ

11 認知症老人徘徊感知機器
(要介護2~5)

屋外に出ようとした時または屋内のある地点を通過した時にセンサーにより感知し、家族、隣人等へ通報するもの

12 移動用リフト(要介護2~5)

床走行式、固定式又は据置式であり、身体を吊り上げ又は体重を支える構造を有し、自力での移動が困難な者の移動を補助する機能を有するもの(吊具の部分を除く)

自動排泄処理装置

(排便機能を有するもの:要介護4~5・それ以外のもの:要支援1~要介護5)
尿又は便が自動的に吸引されるもので、居宅要介護者等又はその介護を行う者が容易に使用できるもの(本体部分のみ)

利用制限について

※要支援・要介護1でも医師などが必要と認めた場合、利用は可能です。

ユウコムの特色

当社の福祉用具専門相談員は福祉住環境コーディネーター2級以上の資格取得者がおり、幅広く取り扱っている福祉用具の選定はもちろんのこと、豊富な経験で住環境全体についても適切な提案をさせていただいております。

事業所概要

事業所名 ユウコム
住所 〒615-0883
京都府京都市右京区西京極南大入町86番地2
事業所番号 2670702675
TEL 075-321-8960
FAX 075-321-8949
受付時間 月~金 9:00~18:30

福祉用具販売は、利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、指定を受けた事業者が、入浴や排泄に用いる福祉用具を販売することです。
これらの福祉用具は、「特定福祉用具」と呼ばれており、貸与になじまない性質のもの(他人が使用したものを再利用することに心理的抵抗感が伴うものなど)として、介護保険を利用して購入することが可能となります。
入浴用具や腰掛便座など利用者の肌が直接触れることにより再利用に抵抗感が伴うものなどが特定福祉用具となり、販売対象となります。
給付方法は、まず全額を支払って購入し、その後に市区町村役場へ申請して払い戻しを受ける償還払いという形になります。ただし、市区町村によっては、給付券方式、受領委任払い方式等をとっている場合もあります。

サービスご利用にあたって

サービスご利用にあたって事前に介護保険ページをご確認ください。

特定福祉用具購入

1年間(4月~翌3月)で10万円が限度です。指定事業者からの購入でないと対象となりません。

1 腰掛便座

便座・バケツ等からなり、移動可能である便座(ポータブルトイレ)電動式又はスプリング式で便座から立ち上がる際に補助できる機能を有するもの。(高さを補高するものを含む)

2 自動排泄処理装置の交換可能部品

レシーバ、チューブ、タンク等のうち尿や便の経路となるもので、居宅要介護者等またはその介護を行う者が容易に交換できるもの

3 入浴補助用具

入浴に際しての座位の保持、浴槽への出入り等の補助を目的とする用具であって、次のいずれかに該当するもの
①入浴用いす②入浴台③浴槽用手すり④浴室内すのこ⑤浴槽内いす⑥浴槽内すのこ⑦入浴用介助ベルト

4 簡易浴槽

空気式または折り畳み式で容易に移動できるものであって、取水または排水のための工事を伴わないもの

5 移動用リフトの吊具部分

身体に適合するもので、移動用リフトに連結可能な物であること(移動用リフト本体は貸与対象の商品です)

福祉用具で「できる」ことを増やすために ~自立した生活に向けて~

福祉用具を上手に使うことで、誰かの力を借りなければできなかった日常生活の色々なことが、自分の力でできるようになることは、何物にも代えがたい喜びや満足となるはずです。
便利な福祉用具も安易な利用や体に合わないものを利用することにより、かえって自立を損なってしまうことがあります。また、体の合っていない福祉用具を利用することで、かえって関節などに痛みを生じるなどの症状を発生させる恐れがあることにも注意が必要です。何が本当に自分のためになるかをよく考えて、上手にサービスを利用しましょう。

事業所概要

事業所名 ユウコム
住所 〒615-0883
京都府京都市右京区西京極南大入町86番地2
事業所番号 2670702675
TEL 075-321-8960
FAX 075-321-8949
受付時間 月~金 9:00~18:30

住宅改修とは、利用者が在宅での生活に支障がないように、手すりの取付けや段差の解消、引き戸等への扉の取り換えなどの、身体状況に配慮した住宅への改修を、介護保険を利用して行うことです。
在宅の生活に支障がないように、手すりの取り付けや床段差の解消など、身体状況に配慮した住宅への改修にかかる費用について、その9割(一定以上の所得のある方は異なります)分が支給されます。
なお、保険給付を受けるためには、工事着工前に事前の申請が必要で、改修内容等について確認を受ける必要があります。限度額は20万円です。

サービスご利用にあたって

サービスご利用にあたって事前に介護保険ページをご確認ください。

住宅改修

対象となる住宅改修は、下記のとおりです。

支給限度基準額

支給の対象になる改修費の限度額は、要支援・要介護状態の区分にかかわらず、1住居・1人の認定者あたり20万円です。〔支給額は18万円(一定の所得のある方は異なります)まで〕。20万円を超える工事を行った場合、超えた部分については、全額自己負担になります。
住宅改修費支給後に、転居した場合や要介護度が3段階以上たかくなったばあいには、再度限度額まで利用できる場合があります。

事業所概要

事業所名 ユウコム
住所 〒615-0883
京都府京都市右京区西京極南大入町86番地2
事業所番号 2670702675
TEL 075-321-8960
FAX 075-321-8949
受付時間 月~金 9:00~18:30